安曇野通信
by ktmaple
プロフィールを見る
画像一覧
最新のトラックバック
白鳥との出会い 長都沼
from グルメ・温泉に行っちゃうぞ~..
安曇野携帯発:安曇野は春..
from 安曇野炉辺談話
松本へ、そして・・・
from 晴走雨読
破壊された山
from 湘南のJOHN LENNON..
高野槇
from 気になる言葉
もっと詳しく【コウヤマキ..
from カロリーコントロールdeダイ..
安曇野アートヒルズミュー..
from 安曇野 シンプル・ライフ
安曇野へ移住しました!!
from 安曇野便り
つくばわんわんランド♪
from 田舎暮らしは最高!!
みにくいアヒルの子の童話..
from みにくいアヒルの子の童話(ア..
画像一覧
検索
以前の記事
2015年 04月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
最新の記事
森のじいじ通信
at 2015-04-29 12:53
森のじいじ通信:謹賀新年
at 2014-12-28 09:24
森のじいじ 安曇野通信
at 2014-12-24 09:40
森のじいじ通信:安曇野便り
at 2014-09-12 09:38
安曇野森のじいじ通信
at 2014-08-23 11:42
その他のジャンル

2005年 11月 05日 ( 1 )

安曇野;「あゝ野麦峠」の牧大根

安曇野の本日の天気
只今AM12:07 現在の天候快晴。森の中は無風 森の中気温12℃ 湿度28%
安曇野は予報では一日快晴の行楽日和。明日より少々下り坂。

本日朝の霧が晴れると同時に青空の快晴で、小春日和の黄葉や、紅葉狩りのハイキング、ドライブ、ウォーキングには最高の行楽日和のお天気です。

女工哀史 細井 和喜蔵 (著)、『あゝ野麦峠—ある製糸工女哀史』山本茂実(著)etcに描かれ、戦前の製糸業界を支えた哀れな女工達が食事のおかずとして涙と共に食べていたと言われる大根漬けの大根は、古くから安曇野市穂高牧地区で収穫された「牧大根」で、戦前は荷車に山盛りの牧大根を岡谷まで約40km輸送する姿が見られたそうです。
11月の声を聞くようになると牧地区では大根の収穫が始まり、霜の降る寒さ到来と共に野沢菜の収穫も始まります。昔より収穫量は可なり少なくなりましたが一寸堅めの小振りの沢庵漬けにはファンも多くまだまだ栽培されています。

c0047814_12272727.jpg


堅めの小振りな大根は収穫までの時間も短く沢庵に漬けてもあまり目減りせず、当時の製糸工場の経営者には喜ばれていたようです。

c0047814_12274643.jpg


信州と飛騨の国境、野麦峠を越えて岡谷からふるさとへ帰る女工たちの思いでは苦しい仕事と牧大根のしょっぱさだけだったでしょう。
そんな悲しい昔話も忘れたように安曇野には毎年静かに秋がやってきます。
我がメープルリーフでは、「フレディ君」のような楓の葉が晩秋のそよ風にも、1枚、1枚と散り始め来春の新芽のための肥料になるために降り積もりつつあります。
秋ってどうしてこんなに感傷的になるのでしょう、もっと収穫の秋、食欲の秋の話題がお送りしたいのに・・・・・それは無理です、私ただ今「軽くヤバイ糖尿病」・・・お許し下さい。

c0047814_12275959.jpg

by ktmaple | 2005-11-05 12:27 | 安曇野通信