安曇野通信
by ktmaple
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新のトラックバック
白鳥との出会い 長都沼
from グルメ・温泉に行っちゃうぞ~..
安曇野携帯発:安曇野は春..
from 安曇野炉辺談話
松本へ、そして・・・
from 晴走雨読
破壊された山
from 湘南のJOHN LENNON..
高野槇
from 気になる言葉
もっと詳しく【コウヤマキ..
from カロリーコントロールdeダイ..
安曇野アートヒルズミュー..
from 安曇野 シンプル・ライフ
安曇野へ移住しました!!
from 安曇野便り
つくばわんわんランド♪
from 田舎暮らしは最高!!
みにくいアヒルの子の童話..
from みにくいアヒルの子の童話(ア..
画像一覧
検索
以前の記事
2015年 04月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
最新の記事
森のじいじ通信
at 2015-04-29 12:53
森のじいじ通信:謹賀新年
at 2014-12-28 09:24
森のじいじ 安曇野通信
at 2014-12-24 09:40
森のじいじ通信:安曇野便り
at 2014-09-12 09:38
安曇野森のじいじ通信
at 2014-08-23 11:42
その他のジャンル

森のじいじ通信:G/Wの喧騒は何処?

今年のG/Wは中間の4/30,5/1/2日を除くと五月晴れの青空の美しい、上天気に恵まれ行楽客の皆さんにとって最高の連休でした。我が家のある安曇野の森でもいまは喧噪から静寂へ、元の田舎名温泉地へ戻りました。連休中は子供達の楽しそうな叫び声や、散歩中の犬の鳴き声が近所の足湯や熱気球の揚がるグランドから聞こえていましたが、今は静かに、のんびりと贅沢な時間が流れています。
ところでG/Wから早1週間、昨日までの快晴から一転、今朝は小雨のぱらつくしっとりした土曜日ですが、先ほど我が家の8人グループの元気なおば(あ)ちゃんご一行様が、マイクロバスで戸隠、善光寺観光へ賑やかにお出かけです。目的地についてはバスの中でかなり活発な議論となっているとは思いますが、人生経験の永〜い方々、上手に折り合いを付けご帰還と思います。

快晴続きの安曇野は最高ですが、本日雨の新緑しか楽しめないご一行様に、我が家の雅則シェフと小生が先日連休明けに楽しんだ風景をお見せすることにします
まず大町市の旧八坂村で楽しめる名物おやき「明日香荘灰焼きおやき」です。古来からの技法で灰の中で焼くおやきは具だくさんボリューム満点です。

c0047814_1757196.jpg


大町市の田植え前の田圃に、その雄大な姿を映す爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳、白馬三山で水鏡に写る峰々を愛でるファンも多く、田圃の畦はカメラを構えるカメラマンで占領されています。

c0047814_1757155.jpg


安曇野の東側高台から蓮華岳や、餓鬼岳がその厳しい姿を水鏡に映して見えています。画像の山は安曇野の孤高の峰、餓鬼岳です。

c0047814_1757195.jpg


同じ場所からは農家の屋根越しに蓮華岳や針の木岳が見られます。

c0047814_1757164.jpg


安曇野の我が家の近くの豊里部落では大滝山と、蝶ヶ岳が菜の花畑ごしに見えていました。
安曇野の有名な雪形は常念坊と、蝶ヶ岳ですが、蝶ヶ岳はまだ見えるのには少々時間がかかりそうでした。

c0047814_1757140.jpg


我が家の近所の林檎畑では只今花が満開で、ピンクの可愛い蕾から白い花が咲き揃い始めています。
今年数度の寒波の襲来に花もかなり傷み秋の収穫が心配されますが花を見て一安心です。

c0047814_1757160.jpg


小生のウォーキング道の脇の中村さん宅の八重桜が只今満開で、安曇野最後の桜の花になります。
バックの雪の峰は北アルプスの山並みの南端、大滝山です。大滝山の南に位置する鍋冠山を、北アルプスに入れるかは微妙なところですが静けさでファンの多い山です。

c0047814_1757174.jpg


田圃のあぜ道が微妙にカーブする先に、北アルプスの北の峰々が見えています。爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳、唐松岳、白馬三山、白馬乗鞍が見えます。この山並みを後ろ立山連峰と呼ぶ人も多いのですが、安曇野人としては納得できません、白馬連峰と読んで下さい。

c0047814_1757133.jpg


最後は我がmapleleafのある安曇野の森に咲くツツジで今が満開です。近所には安曇野市の経営するしゃくなげ荘、日帰りの入浴施設「健康館」がありG/W中は多くの宿泊客や、入浴客で賑わいました。
温泉に、森林浴、足湯にペンションや和風旅館、選択に迷うほどの施設が森の中に静かに点在して観光客の皆さんをお待ちしています。

c0047814_1757126.jpg

# by ktmaple | 2013-05-08 17:57 | 安曇野通信

森爺の安曇野通信


5月6日安曇野はゴールデンウイークの喧噪も去り、元の静かな田舎に戻りました。
本日は五月晴れの素晴らしい青空の1日で、多少強い風が吹きましたが午後には風も治まり暖かなと云うより暑いような昼下がりが楽しめました。
午後にfacebookのお友達から勧められた、我が家の近くの「烏川渓谷緑地」へオオルリ、キビタキのバードウオッチングに出掛けました。烏川沿いの遊歩道は新緑と午後の強い陽射しに明るく気持ちの良いウオーキングを楽しませてくれます。

c0047814_18353699.jpg


森の向こうに見える蝶ヶ岳の雪の頂がキラキラ輝いて見えます。
お目当てのオオルリ、キビタキは新緑の梢越しや、大木の天辺でさえずるのが見られますが、小生のデジカメの焦点距離では実力不足で画像には出来ませんでした。それでも小生の瞼の奥に焼き付いています・・・お見せできないのは残念です。

c0047814_1835361.jpg


我が家から「烏川渓谷緑地」への途中ではお百姓さんが夫婦での田植えに励んでいました。愛情一杯のお米が秋には収穫できることでしょう。バックは白馬連峰の雪の峰々ですが、何とも素晴らしい眺めです。

c0047814_183536100.jpg


「渓谷緑地」への道はこの常念岳を目印に交差点を西に曲がると約10分の距離です。常念岳には常念坊の雪形が現れ、昔から安曇野ではこのお坊さんの雪形の出現を合図に田植えの作業を始めていたそうです。先日お客様に常念岳坊の雪形の説明をしたのですが「どれどれ、やだ〜みえない」に「雪形が見えないのは心が澄んでないんだよ?」と思わず呟いてしまいました・・・ごめんなさい!
皆さんには見えますよね~?

c0047814_18353682.jpg


我が家の午後のベランダは、喧噪の後のけだるい時間がユッタリと贅沢に過ぎてゆきます。
こんな午後、何をするでもなくぼんやりと梢の上を流れる雲を眺めるのが小生の楽しみです・・・極楽!極楽!

c0047814_18353611.jpg


朝、小生は生活習慣病の御三家・高血圧、高脂血症、糖尿病の検査のために、我がホームドクターのところへ出掛けましたが田植えの終わった田圃越しに、北アルプスの北部の雪の峰々が小生を励ましてくれているようでした。

c0047814_18353697.jpg


ホームドクターの入り口では例年この時期は燕の雛が数羽小生の検査結果を心配してくれるように・・・ただ親の運ぶ餌を待っているだけですが・・・ばたばたピイピイ大騒ぎしてくれます?
ただ今年は寒さのせいか多少時期が遅れており、只今親鳥が抱卵中!

c0047814_18353643.jpg


帰り道、先ほどの峰々と同じ山並みなのに、検査結果の不安を慰めてくれているようです。
後3kgは痩せなくてはとのホームドクターの言葉が浸みます。

c0047814_18353690.jpg

# by ktmaple | 2013-05-07 18:35 | 安曇野通信

森のじいじ通信:森で大瑠璃のバードウオッチング


4月25日、安曇野は本日快晴の暖かな朝を迎えています。昨日小生の通う穂高PC教室のPHOTOクラブの集まりで、我が写真の師匠(と呼ばせて頂きます)塩島氏からオオルリの撮影、バードウォッチングについてお話を頂き、今朝烏川渓谷緑地公園へ行ってきました。
烏川渓谷緑地公園は木々の芽吹きが始まり、淡い緑に包まれています。公園を流れる烏川のせせらぎと云うより、雪解けの水音母なり大きく渓谷に響いていました。公園には多くのアマチアカメラマンが重量級の三脚に一眼レフカメラと、バズーカ砲のような長焦点望遠レンズを森の木々の梢に向け撮影準備完了です。
最近は女性のカメラマン?が増え重い撮影機材を軽々と扱う姿は驚きであり、尊敬に値します。

c0047814_10385047.jpg


小生の200mm程度の望遠レンズではオオルリがやっと枝と鳥を識別できる程度で、これから花や山だけでなく鳥を撮影対象にするには600mm〜10000mm以上の望遠レンズが必要と痛感しました。

c0047814_18595987.jpg


オオルリは我が家のある、「安曇野の森」にも春先渡ってきますがなかなか鳴き声だけで姿を見ることは出来ず、幻の鳥でした、が本日初めて姿を見、撮影?にも成功し大満足です。
来年からは写真撮影の大好きなお客様を春先ご案内し、楽しめればと考えます。

c0047814_190479.jpg

# by ktmaple | 2013-04-25 10:38 | 安曇野通信

森のじいじ通信:安曇野は季節外れの雪

c0047814_11405735.jpg


安曇野は本日季節外れの雪の朝です。朝起きて、何か窓の外が朝日とは違う明るさと、昨日からの天気予報が朝まで雨との予報だったのでなんで明るいのかと、カーテンを開けてビックリ、桜も終わったこの時期に雪なんて…なんで?なんて?
宿泊客で博多からこられた2人姉妹や、撮影旅行の団体さんはこんな季節外れの雪は初めてと大騒ぎです。みなさん、先ほど大はしゃぎてお出かけでした。災い転じて福となす…何ともペンションの親父としてはハッピー‼
# by ktmaple | 2013-04-21 11:40 | 未分類

森のじいじ通信:ミューズお料理セミナー4月

先日北信・信州中野の「レストラン ・ミューズ」のお料理セミナー4月に出席しました。
快晴の北信・信州中野の夜間瀬川河畔は桜の花が5~6分咲きで週末には満開、お花見で賑わうことでしょう。
中野市のシンボル、高社山の雪も既に融けて新緑の季節を待つばかりです。山麓の果物農家でハウス物のサクランボの出荷もほぼ終え、林檎やモモ、葡萄の剪定作業で大忙しです。今年は冬の異常低温など作物の生育に不安は残りますが、きっと素晴らしい果物の収穫が出来ることと思います。

c0047814_193223100.jpg


久しぶりの受講生や、初めてお会いする方々と本日のお料理の内容に話も弾み、楽しい時間をご一緒に過ごしました。講習後の試食会では女性の大好きなスイーツに皆さん大満足、出席された方々と有意義な情報交換も出来、ミューズセミナ四月も無事終了しました。

c0047814_19322312.jpg

ミューズセミナ四月「フランボワーズのムース」のレシピ
材 料 
●フランボワーズピューレ、板ゼラチン、生クリーム、
●(ムラング・イタリエンヌ)卵白、グラニュー糖、水
●(トッピング)フランボワーズ・ホール、クレームシャンティー、フランボワーズ・ジャム、ミント、シロップ+コアントロー 
●(スポンジ・生地)全卵、薄力粉、グラニュー糖、無塩バター
作り方 
(1)(スポンジ・生地)の材料を使いスポンジ土台を焼き、冷ます。(2)フランボワーズピューレを軽く温め板ゼラチンを加え、その後冷やす。(3)生クリームを六分だてにし(2)トマーブル状に合わせておく。(4)卵白、グラニュー糖、水でイタリアンメレンゲを作り、(3)と混ぜ合わせる。
●盛りつけ;グラスに絞り袋でムースを適量絞り、シロップ・コアントローを両面に塗ったスポンジを乗せその上にクレームシャンテ-盛る。その上にムースを絞り冷蔵庫で2~3時間冷やす。
食卓に出す直前にキウイ、アイス、イチゴ、フランボワーズジャムをのせミントを飾り完成。甘さと酸味のバランス、ピンク色の可愛らしさ。見た目、テイスト共に春爛漫の素晴らしいスイーツです。

c0047814_1932235.jpg

# by ktmaple | 2013-04-17 19:32 | 安曇野通信

森爺通信:安曇野花便り

安曇野にも遅い春がやってきました。信州では雪が融けルと共に陽射しが強くなり、こぶし、木蓮、レンギョウ、サンシュウなど白や黄色の気に咲く花が咲き始め、早春を彩ります。
雪の北アルプスの峰々と白木蓮の花は雪景色に見慣れた安曇野人にとってモノトーンの世界からの帰還、素晴らしい色彩の世界との再会、感動的な春です。

c0047814_10404286.jpg


安曇野の農家では庭に春、花を付ける木々が植えられていて賑やかに遅い春の到来を祝います。満開のこぶしの葉ののバックには安曇野のシンボル有明山が聳えています。

c0047814_10404220.jpg


畑の脇の木蓮ですが、この花の開花と同時に農家の人々は春の農作業を始めます。

c0047814_10404299.jpg


北アルプスの南の端に位置する雪を頂いた大滝山、蝶ヶ岳と木蓮の花はとても見応えがあります。

c0047814_10404222.jpg


安曇野では4月も中旬近くなると、ソメイヨシノとはひと味違う小彼岸桜のピンク色の花が咲き始め、春の到来をいっそう印象づけてくれます。

c0047814_10404298.jpg


安曇野の森に立つ我が家でも、陽射しは春ですが本格的な春はまだ先でしょうか。それでも雪の消えた庭の片隅では福寿草の花がひっそり春到来を教えてくれています。

c0047814_10404244.jpg

# by ktmaple | 2013-04-09 10:40 | 安曇野通信

森爺発;松本城は桜8分咲き!


4月6日、安曇野は曇りの風が吹く土曜日です。安曇野では桜がやっと咲き始めましたが、満開までにはまだ時間がかかりそうです。松本城では桜が見頃との話に出かけましたが桜は8分咲きでした。この土、日曜日が見頃ですが今日明日の悪天候が気がかりです。


c0047814_2340662.jpg

# by ktmaple | 2013-04-06 18:44 | 安曇野通信

森のじいじ通信:風前の灯火の雪‼


3月30日、安曇野は3月最後の土曜日です。天気予報では晴れなのですが曇りのチョッピリ肌寒い朝です。暑い日、寒い日が攻守入れ替わりながら春に向かって前進中です。我が家の軒下の雪が消えかかっています。今年は雪が多く軒下に積もった2Mぐらいの積雪が、今まさに消えんとしています。この雪が消えて春です、安曇野では‼

c0047814_063994.jpg

# by ktmaple | 2013-03-30 10:27 | 安曇野通信

森のじいじ通信:安曇野にも遅い春‼


安曇野にも遅い春がやってきました。安曇野で最初に咲く花は福寿草でしょうか?雪の中から、雪の消えた地面から最初に咲いた黄色い花は、モノトーンの色彩になれた安曇野人にとって強烈な印象を与えます。

c0047814_12142314.jpg


安曇野の森の雪も消え、陽射しが春の予感をさせる日中は、足湯で和むも人の数が減ってきます。冬の間、湯煙が暖かさをプレゼントしてくれましたが、さすがに春の陽射しには目立たなくなります。

c0047814_12142392.jpg


雪の消えたmapleleafの庭ではモモちゃんが気持ちよげに日向ぼっこをして、冬のビタミンD 不足を補っています。

c0047814_12142343.jpg


春の到来と共にお百姓さんのの作業も忙しさを増しますが、耕耘機の後にカラスがついて歩き、「権兵衛が種まきゃカラスがほじくる」状態になります。

c0047814_12142358.jpg

# by ktmaple | 2013-03-24 12:14 | 安曇野通信

森のじいじ通信:松本山雅FCやった〜!

c0047814_10524525.jpg


昨日札幌のゲームに2:1で勝ち勝ち点3を獲得しました。J2での順位も4位にアップ。
お目出度う松本山雅FC!有難う反町監督!もっともっと応援するぞ‼
# by ktmaple | 2013-03-21 10:52 | 未分類